インターネット広告

SEMとは

SEOとは

リスティング広告について

その他の広告

インターネット広告 >> インターネット広告 >>

インターネット広告の歴史



インターネットの利用者が増加するにつれて広告もそこに進出してきました。

バナー広告がはじまり。


インターネット広告は、1994年10月27日のホットワイアード創刊に14社分のバナー広告が掲載されたのがはじまりとされています。

アメリカでは、1996年4月にマイクロソフトやインフォシークが立ち上げたIAC(Inretnet Advertising Council)を前身として
IAB(Internet Advertising Bureau、2001年4月にInteractive Advertising Bureauに改称)が設立され、インターネット広告の概念や広告取引の標準化が進行しています。

2001年3月、IABはAAAA(American Association of Advertising Agencies)とともに「インターネット広告の基本規約」(Standard Terms and Conditions for Internet Advertising)を発行しました。
2002年4月に発行された第2版では第三者配信についての規約なども追加され、ガイドラインとしての完成度が高まっています。

日本では1999年4月、日本広告主協会がインターネット広告の課題や効果などを研究する専門組織としてWeb広告研究会を発足、広告会社や媒体社はインターネット広告推進協議会を発足させました。インターネット広告推進協議会は、広告倫理綱領、広告掲載基準ガイドライン、推奨広告サイズなどを盛り込んだ「インターネット広告掲載に関するガイドライン集」や「インターネット広告掲載トラフィックマニュアル」を発行しています。

インターネット広告取扱高は大企業の広告費の中でも比重を占めるようになり、インターネット上の広告媒体を取り扱うインターネット広告代理店も次々に株式市場へ上場を果たすなど、日本社会にとっても存在感を増してきました。

検索連動型広告で大きな変革を迎える


検索エンジンによる検索連動型広告が、従来の広告と特徴が全く異なる次世代広告として革命を起こし、飛躍の転機となりました。

Googleが世界的に代表的な検索エンジンとしてアドワーズ広告の歴史は、アメリカで2002年2月に開始され、日本では2002年9月18日に本格開始が発表されました。リスティング広告(いわゆるPPC広告)の誕生です。
広告の歴史を顧みてもまったく新しい広告商品の誕生により、大企業だけでなく中小企業もすぐ参入できるようになりました。

専門用語としては、バナー広告やメール広告など認知度を上げるための広告を「純広告」(略して、「じゅんこう」)と呼ぶのに対し、検索した見込み客だけに広告リンクを掲載するアドワーズは、検索連動型広告と呼ばれています。Googleを主な表示媒体とするアドワーズのほか、Yahooを表示媒体とするオーバチェアも日本で存在感を増し、2008年ではインターネット広告費の32.5%(取扱高1,811億円)を占めるに至っています。
2005年度には検索連動型広告の割合は21%でしたが、2011年予測では39%と、勢いよく存在感を増していくと同時に、インターネット広告費のけん引役としても大きな役割を果たしています。

新興市場としての勢いは、それほど大きくなかった会社・個人・それから学生までにも大きなビニネスチャンスを与えています。
「リスティング広告だけの子犬の生体販売で月商1億円」「SEOだけを取り扱う広告会社が上場」「学生起業家によるSEOによる集客がメイン戦略の求人サイトが上場目前」・・・成功事例を取り上げればきりがありませんが、これまで大手広告会社に流れていたお金が、検索エンジンにより変わってきていることは確かです。

※2009年11月の情報です。


検索エンジンもますます検索エンジンが使われるような社会を築くために世界戦略を進めています。例えば無料のブラウザ「FireFox」の主な収入源は、ブラウザに取り付けられた小窓の検索エンジンからの検索数に応じた報酬です。「いつでもどこでもググりやすい、すぐググれる、グーグル無しには生きていけない」という世界をこれまでに作りあげてきて、これからも創造していくことを思えば、検索エンジン自体の価値もまだまだ上昇していくことでしょう。