インターネット広告

SEMとは

SEOとは

リスティング広告について

その他の広告

インターネット広告 >> インターネット広告 >>

インターネット・デジタル産業の中の広告



インターネットビジネス市場は、時間の経過とともに巨大化しています。
特に、デジタルデータとお金だけが動く独特な分野について下記のようにまとめてみました。
これらはいずれも成長率が高いことが予測されており、成長するデジタル産業のなかで、インターネット広告がどういった立ち位置であるのか確認してみたいと思います。

主なデジタル産業


1.オンライン決算
企業対個人で行われる電子商取引における、課金・決済に伴って生じる市場と定義。
インターネットなどを通じて商品などの購入が行われる際に、本来、第三者である決済機関が、手数料などのかたちで取引参加者から取得する金額の合計です。
運送会社による代金引換サービスの手数料や、エスクローサービス(売り手と買い手の間に入り、金銭や物品の授受を仲介するサービス)による支払いの利用料金などは含みません。
2006年・・・1,273億
2007年・・・1,441億
2011年・・・2,010億

2.音楽配信
インターネットや携帯電話通信網を用い、楽曲全体をダウンロードするサービスと定義。
カラオケ用データの配信や、「着メロ」、「着うた」などの楽曲の一部のみを配信するサービスはここに含みません。
音楽配信市場は、「インターネット音楽配信市場」と「携帯電話音楽配信市場」の性質の異なる2つの市場からなります。
「インターネット音楽配信市場」は、インターネットを経由してPCやオーディオ機器に楽曲をダウンロードするサービスに対して消費者が支払う金額の総額です。
また「携帯電話音楽配信市場」は、携帯電話通信網、またはインターネットを用いて楽曲を購入し、携帯電話端末内にダウンロードするサービスに対して消費者が支払う金額の総額とします。
2006年・・・188億
2007年・・・363億
2011年・・・795億

3.オンラインゲーム
日本国内で、携帯型を含む家庭用ゲーム機や携帯電話などを利用して行う、ネットワークを介したゲームサービスの売り上げをオンラインゲームの市場。
ただし、家庭用ゲーム機やPCなどのハードウェア上に、ゲームソフト自体をダウンロードし、機器内において独立で利用するゲームソフト市場は対象から除外。
2006年・・・1,510億
2007年・・・1,860億
2011年・・・3,890億

4.ブログ・SNS
ブログを提供するポータル事業者がブログサービスを提供することで得られる次の収入の総計:各ブログにおけるインターネット広告、有料ブログ利用料、法人向けブログ利用料、ブログを活用した出版による収入、ブログを通したECサイトの紹介手数料。
なお、ブログ上で利用される有料のデジタルコンテンツについては含んでいません。

SNS市場規模は、SNSを提供する事業者がサービス提供にともなって得られる次の収入の総計です。
SNSにおけるインターネット広告、有料SNSの利用料、SNSを通して得られるEC手数料であり、SNS上で利用される有料のデジタルコンテンツについては含んでいません。
2006年・・・222億
2007年・・・484億
2011年・・・1706億

出典元 野村総合研究所(http://www.nri.co.jp/)

インターネット広告


Webサイトや携帯端末向け情報サイトにおける広告掲載、および電子メールによる広告配信など、インターネットおよび携帯電話を利用した通信回線上のサービスにおいて掲載される広告に関連する市場を範囲とします。
なお、広告表現としては、テキスト、画像、映像、音声(音楽やナレーション)を使用するもの全般を対象とし、コンテンツの制作費は含みません。

2005年・・・2,808億
2006年・・・3,630億
2007年・・・4,591億
2008年・・・5,373億
2009年・・・5,920億
2011年・・・7,047億

※出典元 インターネット白書2009

市場規模としては、デジタル産業のなかでも特に元気が良いといっていいでしょう。

経済産業省による「平成19年度電子商取引に関する市場調査」によると、BtoCのEコマース市場規模は5兆3千億円。2006年実績から伸び率21%のうえ、さらに伸びると予測されております。
広告費があるということは、広告費によって支えられる売上が存在するわけであります。インターネット広告費の全てがEコマースの広告というわけでは決してありませんが、Eコマースとインターネット広告費はほぼ連動していると考えてよいでしょう。
特にマス広告に出稿できない中小企業のEコマース参入は、検索連動型広告(リスティング)やSEOの市場規模を支えています。


インターネット広告市場の伸長もEコマースに牽引される形で、今後もますます上昇していくことが予測されております。
(もちろん、オンライン決算産業も、Eコマース市場の伸びとともに発達が予測されています。)