インターネット広告

SEMとは

SEOとは

リスティング広告について

その他の広告

インターネット広告 >> リスティング広告 >>

リスティング広告に向いている業種


基本的には、SEOと同じく検索需要の高い業種がリスティング広告に向いています。
SEOとリスティングはそれぞれ補完し合うものとして、一定予算の中で同じだけの集客を見込むことができますが、SEOが弱点とするある業種のみ、リスティング広告一択と言えるような業種もあります。

季節品

SEOサービス会社に「クリスマスプレゼント」「おせち」「父の日」など季節イベント系のキーワードでの上位化を依頼すると、半年契約などの縛りでかなり費用対効果が悪いものがあります。
こういったものはリスティングが圧倒的にコストパフォーマンスがよいでしょう。

ペラ1ホームページで販売しているセミナー募集・情報商材など

SEOは、「ホームページを育てて上位化する」ことが至上命題。
ペラ1(トップページだけのホームページ)でもSEOサービス会社に依頼すれば、検索エンジンでの上位化は可能ですが、多くの場合お見積りは高くなるでしょう。上がりやすさで言えば、ホームページのページ数が多いほど上位化は見込めやすいものです。

そのうえ、セミナーや情報商材は期間限定だったりタイミングや募集締め切りがあったりで、狙った効果を生み出すにはSEOはかなり不向きです。

こうしたホームページはリスティング広告の方が圧倒的にコストをかけずに広告を展開することが可能でしょう。


季節イベント系のキーワードや情報商材、セミナー等は費用対効果からリスティングに向いていると言えます。