インターネット広告

SEMとは

SEOとは

リスティング広告について

その他の広告

インターネット広告 >> リスティング広告 >>

リスティング広告代行サービスの弱点


代行サービスを展開する企業は多いですが、取引企業を探す際には以下の留意点が必要です。

一定量の発注金額がないと発注できない場合がある

大手リスティング広告代行サービスですと、月間予算100万円くらい無いとサービスを利用できない可能性があります。入札管理~キーワード入稿まで、一定の作業工数が発生するため、手数料として月20万円以上は入らないと採算が合わないという理論は頷けます。

そのため、クライアント側としては、予算の策定というのが重要になってきます。
予算が少額でも親身になって広告運営をしてくれる会社もありますので、とりあえず3万円分だけやってみたい…効果がでてきたら、5万円くらいに増やしたい…といった要望をお持ちなら、よくリスティング広告代行サービスを吟味するとよいでしょう。

リスティング広告が過熱している産業について

リスティング広告ではよく入札価格が高騰して広告費合戦になっている業種があります。
特にビッグキーワードの場合、表示順位1位を狙うと明らかに採算が合わないケースもあるようです。こういったジャンルでご商売されている場合、リスティング広告代行サービスを利用する際に業者の選定が利益を左右します。

というのも、クリック単価が高騰しているケースでは、その商品を探しているひとが検索しそうでかつリスティング広告出稿が少ない美味しいキーワードに入稿する戦略が必要になります。月に1~2回しかクリックされないような規模の極小さいキーワードを200個~1000個くらい積み重ねて出稿することが大事になり、ロングテール戦略と呼びます。

(例)
オフィス家具   ←ビッグキーワード
オフィス家具 激安 東京  ←スモールキーワード
※同じオフィス家具を探しているひとでも、後者のほうがよりピンポイントな情報にアクセスできるので購入率が高い上、クリック単価が圧倒的に安い。

ロングテール戦略により、「オフィス家具 激安 東京」だったり、「事務机 激安 東京」だったり様々なキーワードに予算を裂くことで、効率よく広告効果を高めていくことが可能なのです。

ところがまたこの戦略も多大な時間を要するため、ロングテール戦略でクリックあたりコストを下げようと努力してくれる業者かそうでないか、によって効果が大きく変わってきます。
担当してくれる営業マンと実際の入稿部隊がまったく離れている大型の組織ほど、小案件に対してなかなかそこまで力を入れてくないという声をいただきますが、お付き合いを開始するまえによく調査が必要です。

「普通の広告と同じで、どこに頼んでも一緒」というのは大きな勘違いなのです。

機械的で無機質な広告媒体かと思いきや、信頼感系や「絶対にこのクライアント様を儲けさせる」という熱意、人間的な温かみが必要であると認識する瞬間でもあり、サービス代行業者を探す際は心掛けるとよいでしょう。


リスティング広告ではロングテール戦略を用いるのが効果的。しかし効果的なキーワードを見つけてくれる代行業者かどうかを見極めることも大切です。