インターネット広告

SEMとは

SEOとは

リスティング広告について

その他の広告

インターネット広告 >> その他のインターネット広告 >>

モバイル広告


モバイル広告とは、携帯電話からインターネットにアクセスするユーザーを対象にした広告の総称です。急成長を続けている注目市場です。

モバイル広告の種類

パソコンと同様にwebサイトに広告を掲載するweb広告と、メールに広告を掲載して配信するメール広告があります。
携帯電話市場では、パケット通信定額化・新規キャリア参入・ナンバーポータビリティなどの大きな環境変化を経て、モバイル広告も大きく進化しました。
携帯端末の高度化やムーバ・CDMAのユーザー数の減少により、クリエイティブもより高度なものが増えています。また例えばmixiの事例で言えば、2007年にはmixiモバイルのPVがパソコン版mixiを上回っており、市場規模はますます拡大の一途をたどっています。

モバイル広告とは「インターネット広告」という単語と同じく、特定の広告の名称ではなく、携帯電話からインターネットにアクセスするユーザーを対象にした広告の総称です。主には、以下のようなものがあげられます。

モバイル・SEO
モバイル・バナー広告
ケータイメール広告
モバイル・アフィリエイト
モバイル・テキスト広告
モバイル・ネットショップ

モバイル広告の特徴

1. 携帯電話はパソコンと比べ、画面が小さい上、通信速度も劣るため、モバイル広告の大半はテキストや小さい画像をベースとした広告となっています。広告表現の自由が限られるため、webのテキスト広告やメール広告などと同様に、主に広告主のケータイサイトなどへの誘引を目的に活用されるケースが大半です。

2. 携帯電話はユーザーが肌身離さず持ち歩くものである上に、利用するのに時間や労力がかからないという便利さ・手軽さがあります。それらの利点によって、携帯電話向けのメール広告はパソコン向けのメール広告に比べて広告がクリックされやすく、メールを配信してからユーザーが広告主webサイトにアクセスするまでの時間もはるかに短いといわれています。

3. パソコンと比べて携帯電話の利用者層が若いため、特に10~20代向けの商品・サービスの広告をうつ場合には有効な広告手段です。


モバイル業界は最近伸びてきていて、WEB広告とメール広告があります。使われ方としてはケータイサイト誘導に使われることが多いです。また利用者層が若いことも特徴としてあげられます。