インターネット広告

SEMとは

SEOとは

リスティング広告について

その他の広告

インターネット広告 >> その他のインターネット広告 >>

オプトインメール広告


オプトインメール広告とは

多くのユーザーを抱えているヤフー・楽天などが提供しているサービスです。

特定のカテゴリーに関するDM型広告を受信することを事前に配信許諾をとっているユーザーに対して、ユーザーが興味のあるジャンルやカテゴリーへの広告メールを送信する手法です。
ユーザーが希望したカテゴリーの広告のみ送信するため、ユーザーからの不信感やクレームに繋がる確立は低い点が、スパムメール(=受信者の意向を無視して、無差別かつ大量に一括して送信されるメール)との大きな違いといえます。また、ユーザーの属性(性別・年齢・職業・居住地・趣味等)及び興味でのマッチングが図られるため、的確なセグメントが可能となる上に、クリエイティブやインセンティブが変数となるものの、高い開封率と費用対効果を期待することができる広告手法です。

メール広告とは違う

この形態の広告となると、興味のないひとにも一括配信するメール広告とは大きく違い、費用対効果を図る意味ではむしろDM(ダイレクトメール)と比較されることが多いでしょう。
価格面においても、一般的なDM(ダイレクトメル)発送では製作費・印刷費・郵送費などがかかり、どんなにコストを抑えても1通100円以上はかかってしまいます。オプトインメールについてはボリュームとメールの形式によって価格は左右されるものの1通約10円程度の配信費のみで広告配信が可能となるという利点があります。


オプトメールはユーザーの興味があるカテゴリーやジャンルのメールを送る手法で、高い開封率と費用対効果が期待できます。