インターネット広告

SEMとは

SEOとは

リスティング広告について

その他の広告

インターネット広告 >> その他のインターネット広告 >>

ショッピングモール運営代行業について


楽天市場・及びヤフーショッピングが主なショッピングモールとして有名ですが、開店ショップ数も飽和状態となり、開店しただけでは売上確保が難しくなってきています。楽天には楽天の、ヤフーショッピングにはヤフーショッピングの独自のルールや規則、独自広告販売、ショップ構築技術があり、ノウハウは日に日に高まっていくばかりです。

ショップ飽和の弊害

総需要はなかなか増えませんから、限られた楽天市場内のお客様の数と財布のひも・予算の奪い合いになってしまっています。
楽天市場が販売している広告枠を確保し、美しく賑やかなショップを構築し、商品登録をし、キャンペーンを打ちアクセス数を確保し、流入数の分析からメルマガの発行までを行うには、やはり専用の部隊が必要になります。

スタッフ3人程度のネットショップですと、どうしても商品開発や商品発送・カスタマーサポートにも時間が必要ですし、楽天市場を「管理」している余裕がありません。具体的には、キャンペーンを打つ暇がありませんし、ショップデザインにこだわっている時間も確保できないでしょう。すると、成長軌道に限界が見えてしまいます。

年商1億クラスのショップであれば、専用の事務所を設けて2~3人ほどのスタッフが毎日楽天市場の「管理」につきっきりになるほどの作業量があります。(日々入れ替えの激しい商品であれば、なおさら)
そういった投資を行えず、ショップを更新できずに放置してしまうと月商数十万~数万円(月に3人くらい買ってくれればいい程度)ほどに落ち着いてしまうでしょう。

ショップ運営のノウハウを持った専門業者に委託

そういった弊害をクリアするために、楽天市場の「運営代行」をアウトソーシングする選択肢もあるという認識は、いずれ役に立つのではないでしょうか。
運営代行として、煩雑で独特な管理画面を熟知し売上ノウハウを得ている専門スタッフを外部に置くことで、自社でスタッフを雇うという固定費のねん出から逃れることが可能です。

売上の一部を専門業者の利益として提供する契約形態がメインで、売上の20%が相場となっています。安いところは5%~受け付けているところもありますが、人件費が原価となっているため、売上UPに必要な管理時間は限られてしまうでしょう。
もちろん別途楽天へのロイヤリティーが約5%かかりますので、利益率が薄い商品は要検討といえます。


WEB上のショッピングモールの運営に関しては、業者に委託することもひとつの手段です。その場合は自分たちの利益も考えた経営が必要になります。