インターネット広告

SEMとは

SEOとは

リスティング広告について

その他の広告

インターネット広告 >> その他のインターネット広告 >>

RSS広告とは


RSS広告とは、リッチ・サイト・サマリーもしくはRDF・サイト・サマリーも略であり、RSSを閲覧することができるソフトをRSSリーダーやティッカーと呼びます。RSSリーダーにより、複数のブログやニュースサイトが更新された際にサマリーの自動収集が実現しました。これらのサマリー表示欄に挿入されるテキスト型の広告をRSS広告と言います。

RSS広告の特徴

RSSリーダーは事前に対象のブログやサイトを指定しておくことでユーザーが興味のある分野の情報だけを効率よく収集することができます。
そこに挿入されたRSS広告は通常のwebサイトとは違い、きちんと情報が整理されているため、ユーザーの興味とのマッチ度が高いといえます。

RSS広告の今後

ブログの普及に対し、RSSリーダーの利用率は10パーセント程度に留まり、一般ユーザーに普及しているとはいえないのが現状です。しかし今後web・メールに次ぐ第三のオンラインメディアとして注目されており、コンテンツにマッチした高い広告効果が狙えるメディアとしても注目されています。


RSSはこれからのオンラインメディアとして注目されており、コンテンツにマッチした広告を打つことが可能です。