インターネット広告

SEMとは

SEOとは

リスティング広告について

その他の広告

インターネット広告 >> その他のインターネット広告 >>

テキスト広告とは


テキスト広告とは、Gifやflashなどの画像が一切なく、文字のみで構成されている広告を指し示す言葉です。人気のWEBサイトやポータルサイトにおいて、バナー広告よりも安価なメニューとして販売されています。

テキスト広告のメリット、デメリット

一般的に広告文の長さは15~30文字程度であり、広告文から広告主のwebサイトへのリンクが張られています。テキスト広告は文字情報だけの広告であるため、バナー広告と比較してみて、どうしても表現力で劣ってしまい、ユーザーの印象には残りにくい広告手段です。一方で以下のようなメリットも挙げられるでしょう。

・いかにコンパクトにメッセージを伝えられるかどうかが重要であり、商品の訴求内容をより明確にすることでユーザーの興味と一致させることができます。
・WEBページ上のコンテンツとど同化することによって、ユーザーが広告であるということを強く意識することなくクリックしやすい特徴があります。
・画像やflashを用いるバナー広告と比べてシンプルで通信データ量が少ないうえに掲載スペースも比較的少なく、文字色やサイズも融通がききます。

テキスト広告の留意点と今後

このような特徴を持つテキスト広告は、広告主のECサイトやキャンペーンサイトなどへと誘引を目的に使われる場合が多いです。

テキスト広告を選択する上で、サーチワードテキスト広告と呼ばれるポータルサイトでサーチワードと連動したテキスト広告を掲載する際には、30~100文字程度で、検索されたワードによって広告が表示されるためページビュー数は保証されていいない点や、原稿規定としては選択したキーワードとリンク先のページ内容が一致していなければならない点や、現行規定内容は非常にシンプルで、文字数と文字の種類などの確認フローが必要となってくる点に注意する必要があります。

一方で、テキストリンクという広告枠は、検索エンジンからの評価を高める効果が認められています。ページビュー保証ではなく、検索エンジン順位保証というかたちで提供するテキスト広告保有媒体や、あるいは検索エンジン順位保証による成功報酬というかたちでクライアントと契約を結び媒体買付を行うSEOサービス会社もあり、テキスト広告は目に見えず数字にも表れにくい形で市場規模を広げています。


テキスト広告は表現力の点でてデメリットが多い部分があるが、他の点ではメリットもあり、WEBサイトへの誘因等に主に使われます。