インターネット広告

SEMとは

SEOとは

リスティング広告について

その他の広告

インターネット広告 >> SEO対策(検索エンジン対策) >>

SEO(検索エンジン対策)とは



いまやインターネットビジネスを行う際に必須となっているSEO対策(検索エンジン最適化)について、概要と技術面からかんたんに説明しています。

Yahoo、Google、Bingで上位化


検索エンジンの検索結果の表示ページの上位に自分のWEBサイトが表示されるように工夫をすることや、そのための技術・サービスのことを指します。

検索エンジン・サーチエンジンとは、インターネットで公開される情報をキーワードなどを使って検索することが出来るWEBサイトのことです。検索エンジンはページに掲載する企業の広告料金で運営されるため、利用するために料金を払う必要はありません。
検索エンジンは、WWWなどで公開されている情報の全文を貯えておき、キーワードによって検索する全文検索型(ロボット型)がメインとなっています。
検索エンジンは、国内ではYahoo!JAPANとGoogleで9割のシェアを持ち、次いでマイクロソフトによる検索エンジン「bing」(びんぐ)も米国版Yahooとの提携などで日本の検索エンジン市場を賑わせています。
検索エンジン対策という言葉を聞いたとき、それはつまりYahoo対策とGoogle対策をホームページに施すことであると理解してよいでしょう。

サーチエンジンは登録されているWEBページを検索キーワードに応じて表示しますが、それぞれのサーチエンジンが独自の方針・方法にしたがって決定しています。この順位が上位であればあるほど、検索エンジンを利用しているユーザーの目につきやすくなることによって、WEBページ訪問者・利用者が増えるため、企業などでは検索順位を上げるために様々な工夫や取り組みを行っています。

その様々な技術や方法の総称がSEO(Search Engine Optimization)と呼ばれています。

検索市場はますます拡大


検索数自体が、年々増加しており、みんなが検索するビッグキーワードで主要検索エンジンの10位以内表示を果たすと、爆発的なアクセス数がホームページに流れ込むようになりました。例えば「引越し」でYahoo・Googleともに1位表示されれば、テレビCMでホームページを宣伝したときに得られる流入以上のアクセス数が得られてしまいます。
そのため上位化するためのテクニックも高度化し、SEOも専門知識が必要になってきました。SEOの高度化に伴い、SEOサービス会社の市場規模も年々増加するとともに、本来はホームページ管理者が無料で行うべきSEO施策方法も年々増加しています。

具体的で基本的なSEOの手法として、

・ターゲットにするキーワードの適切な選択
・より多くのサイトにリンクしてもらう
・WEBページ内でのキーワードの適切な使用

などの手法がありますが、サーチエンジンのランク付けのアルゴリズム(コンピュータを使ってある特定の目的を達成するための処理手順)は年々より高度になっていくうえ、頻繁にシステム変更が行われます。
例えばgoogleアルゴリズムにおいて重要視されるのは

・キーワード
・ページの特性
・サイドやメインの特性
・インバウンドリンク
・クロールやランキングの特性等

…と言われています。
キーワードの中でも、titleタグで使われているキーワード・bodyタグで使われているキーワード・bodyテキストに使われているキーワード・h1,h2,h3タグで使われているキーワード・画像のaltとtitleに含まれているキーワードmetaタグのdescriptionやkeywordsで使われているキーワード・boldやstrongタグで使われているキーワード・ドメイン,URLの名前に含まれているキーワードが主に重要視されると言われています。
2009年の変更では、更新頻度が高いもの・リンクの数が多いもの・スパムリンクの強化・コンテンツの充実が高く評価されるようになりました。


検索エンジンは日々進化と変化を続けており、常にアンテナを張らなくてはならない難しいジャンルですが、実際にブログやホームページで好きなキーワードでSEO対策を行ってみることが学習&上達の近道です。